W-ZERO3 に ATOK を(一部改訂)

  • 2005/12/15(木) 22:48:27


Windows Mobile 5.0用のATOKは無いのですが入れてみました
今回試したのは「ATOK Pocket for PocketPC」のバージョンです

これを購入した後でW-ZERO3 Wikiには「HPC用」が紹介されていて
正直焦ったんですけど、問題なくインストールできました、まぁ当たり前か

でもATOKを問題なく、かつ、快適に使うためには色々手順が必要です

まず「tGetFile.dll」を入手し、ARM版のCabをインストールしておきます
次に「PocketTweak」を入手し、ARM版のCabをインストールしておきます
更に「GSPocketMagic++」を入手し(以下略)で下準備は完了ですかね

ここで余裕を持って「GSPocketMagic++」を起動して[再起動]を使います
2005121502.jpg
あ、電源ボタン押すとか、電池蓋開けてリセットするとかじゃないですよ
「GSPocketMagic++」のメニューから[再起動]を選ぶという意味です
2005121501.jpg
再起動後に問題なく「PocketTweak」が起動するかも試しておきましょう
1度のタップでは立ち上がらないことがあるので、その時はもう一度トライ!

問題なく立ち上がることを確認したら「PocketTweak」は閉じておいて下さい
で、次にいよいよ「ATOK Pocket for PocketPC」のインストールを開始します
インストールはActiveSync経由で行うのでPCに接続できるようにしましょう
あと再起動するか聞いてきますがこの段階ではキャンセルしておきます

 ちなみに「ATOK for PocketPC」はminiSDにインストールをした場合も
 ファイルが「/Windows」に展開されるので、大人しく本体に入れましょう


で、インストール終了後「PocketTweak」を立ち上げ、[入力パネル]タブの
[ローマ字/かな]にチェックを入れた後に選択し[標準に設定]をクリックします
2005121503.jpg
 ATOK導入後、入力可能状態になった際、毎回入力パネルが出ることがあり
 その症状が出てウザったく思われた場合は[ローマ字/かな]以外のチェックを
 全て外しておくと事態は解決できます(ただ手書き入力等が不可になります)


で、ここまで終了したら「GSPocketMagic++」で[再起動]して終了です

これで一応はATOKが使える状態に持って行けています
ただ、[文字/変換]ボタンで入力方式を切り替えた後は
「ローマ字/かな」入力に戻しても正常に入力できません

なので「PQz for Universal」を入手し、miniSDにでも置いておきます
コレはWindows Mobile 5.0環境でSIPの制御ができるソフト(みたい)です
インストールは必要なくEXE形式単体なので好きな場所に配置しましょう

で、起動させると画面上の窓マーク横に[あ]というアイコンが出ます
2005121504.jpg
コレをタップアンドホールドで[Setup]が出ますのでそこから設定します
2005121505.jpg
オイラは英語が超苦手なので分かりませんが弄るポイントは以下の通り

・[Key]タブの[Port]と[Lend]を「ローマ字/かな」に変える
・[Key]タブの[CTRL]と[ALT]で最下層の「none」を選択する
2005121506.jpg
・[IME]タブの[IME]を「MENU2」に変える
・[IME]タブの[Enable]を「NO」に変える
2005121507.jpg
コレで先ほど書いたATOKでの入力が変になった時にMENU2ボタンか
アイコンを2回押すことで元のローマ字入力が問題ない状態に戻せます

ちなみにMENU2ボタンは縦表示右側の[−]キーです
2005121807.jpg
とまぁコレでW-ZERO3でATOK導入は終了です

今更ですがマネする人は自己責任でやって下さい

 
【追記というかオマケ】

「PQz for Universal」のアイコンがデフォルトのままだと少々ウザイので
[Setup]から[Icon]タブを選び、[ICON POS]で位置変更をしてみました
2005121508.jpg
ちなみに画面上部のスペース左端〜右端までの場所しか移動できません
あと、コレを行う前に[設定]→[地域]から日付表示を変更する必要もある
2005121511.jpg
[地域]を開いたら[時刻]タブの[時刻の形式]を[HH:mm:ss]に変更
2005121512.jpg
これで24時間表示での0〜9時と10〜23時での時計表示幅が同じになります
で、その後は音量調節のアイコン上に配置してみました(サイドボタンで使えるし)
2004121509.jpg
更にちなみに、縦・横表示で個別に設定しなければいけません(その方が便利だが)
2005121510.jpg
これで不自然なアイコンも多少は気にならなくなって、精神的にもいい感じですw

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL