真改訂 W-ZERO3 に ATOK を

  • 2006/01/25(水) 20:37:18


「W-ZERO3 UtilityPlus」という大変便利なフリーウェアが登場したため
「ATOK for PocketPC」の利用環境が大幅に変わったので、ここらで
もう一度現状で最もスマートなATOKの導入方法をメモしておきます

W-ZERO3 UtilityPlus」を入手し、インストールする
Def Sip Changer for WM5」を入手し、インストールする

以上が終了したら、次に「ATOK for PocketPC」をインストールします
インストールはActiveSync経由で行うのでPCに接続できるようにしましょう
あと再起動するか聞いてきますがこの段階ではキャンセルしておきます

 ちなみに「ATOK for PocketPC」はminiSDにインストールした場合も
 ファイルが「/Windows」に展開されるので、大人しく本体に入れましょう


ここまできたら「W-ZERO3 UtilityPlus」で[再起動]→[ソフトリセット]します
2006012501.jpg
再起動後には自動的に「Def Sip Changer for WM5」が立ち上がるので
[ローマ字/かな]を選択して[設定+リセット]をタップするとまた再起動します
2006012502.jpg
2度目の再起動が完了したら「ATOK for PocketPC」導入完了です
続いて使用環境の設定のため「W-ZERO3 UtilityPlus」を起動します

[Mwnu]→[ATOKパッチ]を選択します
2006012503.jpg
[「文字」キー動作の設定]をタップします
2006012504.jpg
[強制的にローマ字入力にする]にチェックが入っているのを確認して[OK]
2006012505.jpg
ATOKファイルのダイエット等も出来ますが、この辺りはお好みでやりましょう

これで「W-ZERO3 UtilityPlus」が裏で動いている間は[文字]キーを押しても
「かな入力」になるバグは起こらないので快適な文字入力が実現出来るでしょう

あと今更ですがマネする人は自己責任でやって下さい


・以前のATOK導入メモはこちらです
・ATOKの操作Tipsはこちらです

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

W-ZERO3

昨年末、携帯を京セラのAH-K3001Vから、今話題のW-ZERO3に買い換えました(携帯といっても。PHS(AirH''))なのですが。W-ZERO3は、一部の雑誌でも取り上げられていますが、携帯とPDA機能を統合した端末で、昔iPAQを使っていた僕としては、是非とも欲しい商品でした。...